ダイアリー 恋愛 結婚

【イタリア人と国際結婚への道】その(6) この結婚の価値について考えた

投稿日:

コスモス

結婚するぞ〜と公言してから、いろんな方に応援や励ましの言葉をいただきました。ありがとうございます。

これまで経験できなかったステージなので、周りですでに経験されてる友だちの考えやアドバイスは大変ありがたいです。身近に結婚→出産→離婚→再婚なんてフルコースを経験してる方もいて、そういう酸いも甘いも経験した方が、前向きに応援してくださるのは特に響きます。

結婚というと、やはり経済的な安定とか、そういうものを考えがちですよね。特に女。自分くらいの年齢(50歳)になると更年期問題もあって、サプリメントや漢方薬飲みながらギリギリのところでなんとかやる気をブーストして回していくようになるので(個人差あり)、専業主婦とはいわずとも、ちょっとゆっくりできるようになったらいいな、なんて憧れがあったのは事実です!!

おかしい!!
あんなに願ったのに潜在意識に落ちてなかったのか!(^^;

それはおいといてw

彼は見てのとおりタトゥもピアスもバリバリなパンクな風貌なので、ネガティブなイメージもたれがちなんですが、極めて常識的な人間であります。ヒモになって、ギャンブルで私の金を吸い取るとかないですからご安心ください(^▽^;;

ただ、今のビザの都合で労働時間が制限されておりまして、経済的豊かさは一切期待できません(今それを打開すべくがんばっているところ)。たぶん結婚してもお財布は基本別になるだろうと思います。日本における経済活動としては、むしろこれからということになります。どうなるかわかりませんが、がんばりたがってるのは事実。

日本の婚活事情を踏まえると、自分の年齢とか容姿とかもろもろ条件が、すでに規格外になってるのは周知の事実。彼にNGを出したとしても1人に戻るわけですよw これからも1人なら、それはそれで経済的問題をずっと抱えていくことには変わりないんです。

だからここで考え方を変える。

結婚しても、経済力を自力で死守しなくてはいけないとしたら。そこは変わらないわけですね。だったら、自分のこと大事に思ってくれてる人がいるっていうことそのものが、これまでになかったものすごい価値だと考えられます。価値の追加。

毎日イケメンの彼みて・::・(´エ`)ウットリ・::・.して女性ホルモン絞りだしw、くだらないギャグでゲラゲラ笑って、一緒にご飯作って食べたり、次はどこに行く?とか考えたりできるってすごくない? と思いました。

「そんなの普通の女性なら当たり前じゃんw」とか絶対いう人いますねw 想定内ですw

もうね。一番最初に冷蔵庫のありものでパスタ作ってくれたとき、一口食べたらうれしくて泣けたw 彼びっくりしてた。

伊「(振り返りつつ)おいしい? 」
日「うううう・・・」
伊「どうしたの!なんで泣いてるの!💦」
日「ご飯作ってくれる人がいるなんて嬉しくて(涙)」
伊「えええ!ワタシの料理でそんなに喜んでくれた人いないよぉ!」←大感動

なんかいいもの買ってくれとかどこか高級店連れてけとかじゃないの。そのレベルの優しさがめちゃ染みるお年頃なんですわw

これからもがんばろうって思えるような、そういう小さい喜びや幸せを大事にしていくのもいいんじゃないかなって思うこの頃です。

で、実はまだ婚姻届書けてない! 先日やっと国際結婚した友だちから書き方入手したところ。今週末にはなんとか予備含めて準備したい!

-ダイアリー, 恋愛, 結婚
-, , ,

Copyright© SUZUMARIX:デジタル好き熟女の家電とBeauty & Sleep Tech , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.