スマートフォン

エアドロップ痴漢にあわないために!iPhoneのAirDropの設定を覚えよう

2018年10月28日

AirDropの設定

なにやらiPhoneのAirDropというデータ転送機能をつかった迷惑行為が流行っているようで。

昨日(2019年8月20日)は執念で捕まえたという報道がありました。すごい!

誰からでも受信できる設定になっていると、見知らぬ人から見たくもない画像が送られてきてしまうんですな。受信拒否することはできても、届いた時点で画像が表示されてしまうので、画像を使った露出狂的なこともされてしまうわけですね。

実際、私も男性の局部の写真を送りつけられたことがありましたわ。都内の電車だと混み合ってるし、みんなスマホを見ているので、誰がやったかとかアタリをつけるのはほぼ無理!

こういうことする人は、ガンガン摘発されて欲しいし、次にiPhone購入しようとしてもキャリアやApple側が売らないとか、そういうところまで徹底して欲しいと思うわ。

自衛のためにAirDropの設定を変えよう

ただ、怪しい画像じゃなくても、ずらりと出てきた一覧の中から、友だち選ぼうとして間違えることもあるわけで、どうせなら受信する側が必要なときだけオンにするほうが安心じゃないかと思います。

ですので、AirDropを使いたいときだけオンにする方法を覚えておきたい! ていうか自分もよく忘れるので、これはメモみたいなもんです。

Appleのサポートページが以下です。

AirDropをよく使うという方は、使わないときはオフ、または連絡先に登録している人だけにしておくといいと思います。

設定変更はiPhone Xなら画面右上を下にスワイプすると現れる「コントロールセンター」からやるのが便利ですね。

私がiPhone Xユーザーなので、以下の画面はiPhone X(iOS 12.0.1)です。
[設定]→[一般]→[AirDrop]でも変更できますよ。

(1)コントロールセンターを開いたら、ネットワーク設定のカードの適当なところをぐいっと押し込みます。

(2)ネットワーク設定の一覧から、「AirDrop」を選びます

(3)AirDropの設定を変更します。「すべての人」はNG

まだ確認していなかったという方は、早めに設定を確認、変更しておきましょう。

送信者が分かるようにしてほしい!

あとは、Apple側に送信者を明確にするよう求めたい!

ヘタすると、またカメラのシャッター音の二の舞になって、日本だけエアドロップ送信するとき音がなるとかいう仕様になって、変態日本の名を欲しいままにしそうですけど。

関連記事:キモい!AirDrop痴漢を防ぐためにやっておきたいこと2つ(Engadget日本版への寄稿記事)

おすすめ記事一覧

インフルエンザA型 1

日頃流行を追わないわたくしですが、本人の希望に反して体がトレンドを追いかけてしまいました。 これまでの風邪となんか違うと思ってたんですよね。いつもはクシャミや鼻水、咳くらいなのに、頭痛がする、肩周りと ...

掛け布団 2

厚手の羽毛布団が本気出せる季節に入っております。 今はまだ羽毛布団だけで眠れるかもしれませんが、2月に向かうにつれて、しんしんと冷える夜も増えてきます。 毛布足そう! そう思ったときに知っておきたい羽 ...

QuietOn Sleepを使ってみた 3

10月上旬に、Indiegogoで支援していたいびきにフォーカスしたデジタル耳栓「QuietOn Sleep」が届いておりました。 【いびき防止】Indiegogo発いびき防止用アクティブノイズキャン ...

4

今年でなんと齢50に突入予定のライターのすずまり(@suzumari)です(※執筆時点)。 自分にはまだ遠いことだと思っていた更年期障害ですが、気がついたら真っ只中の毎日になっておりました。もう更年期 ...

MOFT ノートPCスタンド 5

もはやパソコンスタンドなしではいきられない体になってしまったわたくし。 関連記事:【腰痛対策】理学療法士も認める「ノートパソコンスタンド」の効果 Indiegogoで見つけたこれを思わず支援しておりま ...

-スマートフォン
-, , , , , ,

Copyright© すずまりブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.