睡眠

睡眠における自分が知らない辛さを聞いた日。睡眠薬は悪なのか?/女性とがんと睡眠と。考えさせられたイベントがあった

ライズTOKYOのイベント

去る7月6日、とても貴重な体験をしてきました。ガンと睡眠について考えさせられるものでした。そのときのレポートをInternet Watchで紹介しています。

寝具メーカーがガンと睡眠を結びつけたイベントを開催

誰がどんなことを話したかというより、伺ったお話全体から、私の印象を語らせていただきました。

ガンの治療現場で、もっと睡眠に関するサポートがあるといいのに・・・・・・というのが正直な感想です。

睡眠薬の処方に素人は口を挟んではいけないと思う

それから「睡眠薬」の問題というのは結構考えるべきことだと思っています。周りの人の「頼るべきではない」というよかれと思っての助言が、本人を苦しめる結果になるからです。

最新の睡眠薬事情を知らない方が「そんなの飲んだら依存してしまうから絶対ダメだ!」というのを私も実際に目撃しています。

どうしても眠れなくて困っているとき、一時的にでも薬の力を借りることは大事なんです。なぜなら、いっときしっかり睡眠がとれれば、思考や感情が安定してくるからです。眠れないと本当にネガティブになりますし、ちょっとしたことで涙がでてきてしまうことも。

ただでさえ更年期で睡眠が悪化しやすい年代なのに、そこに治療のストレス、恐怖が加わるのですから、頼れるものがあったら頼っていいのではないでしょうか。

確かに長期間服用することで、慣れてしまうこともあるでしょうが、そこはもう主治医と相談して、治療が終わり、ストレスも軽減して、少しずつ眠れるようになるまで上手に付き合っていくしかないのでは? と思っています。

睡眠薬効果のある薬を飲んだとき、睡眠はどうなるのか

私もときどき薬のお世話になっていましたが、飲むと劇的な変化がありました。

  • 中途覚醒がなく、まとまった睡眠がとれた(私の場合は6時間以上。飲まないと3時間以下で目が覚めて眠れなくなっていた)
  • 前半の深い睡眠が60分前後でるようになった(ストレス過多時は30分以下)
  • 目覚めのとき、熟眠感があった
  • 昼間に眠気を感じなかった
  • 数日連続で服用したところ、メンタルが前向きになっているのを感じた

これは睡眠の質があがったとしかいいようがない結果です。

数年間からずっと睡眠トラッカーで自分の睡眠をトラッキングしてきましたが、このときほどトラッキングしていてよかったと思ったことはありません。だって、データとして明らかな違いがわかりましたから。

私の状態を見てヤバいと感じ、処方してくれたかかりつけの婦人科の先生が「深い睡眠がしっかりでるお薬です」といってくれましたが、その通りでした。

ただし、ある程度薬で眠って回復してからは、自力で眠れるように努力もしました。

毎日使わないように服用を記録しながら、飲まない日の睡眠もチェックして、必要そうになったらまた半分だけ飲んでみる、などの調整をしました。

非常に個人差のある大きなテーマなので、すべての人が同じようにできるとは思っていませんが、飲んで取りあえず寝たほうがいいときもあるというのは事実です。

睡眠薬を活用することで救われる面もある、ということをしっかり認識することは大切だと思っています。

今この記事がおすすめ!

ノートパソコンスタンドで姿勢がこれだけかわります 1

ノートパソコンスタンドの記事を紹介したところ、じんわり反響があって嬉しいすずまりです。 ふと思い立ってノートパソコンスタンドを導入してみたところ、背中のこわばりがとれるなどの効果を感じてしまいました。 ...

コロナ対策非接触グッズ 2

SNSを見ていると、最近増えたな〜と思うのがクラウドファンディングのマスクと、モノへの接触をできるだけ避けようというアイテム。行動履歴追われる(笑) コロナウイルス関連で、私が今気になっているもの、実 ...

糖質カットされたご飯 3

クラウドファンディングで糖質カット炊飯器「シェンミ」をオーダーしてから、よくよくAmazonを見たら糖質カット炊飯器が結構ありました。 外出自粛でご飯食べすぎ!? 肥満防止にいつものご飯の糖質を最大4 ...

コロナウイルス対策の備蓄例 4

<目次>1 いよいよ自分が感染したときのことを心配する必要がでてきた2 独身一人暮らしで、コロナウイルス感染に備えて備蓄しておきたいもの3 備蓄分は別に保管しておこう いよいよ自分が感染したときのこと ...

QuietOn Sleepを使ってみた 5

10月上旬に、Indiegogoで支援していたいびきにフォーカスしたデジタル耳栓「QuietOn Sleep」が届いておりました。 【いびき防止】Indiegogo発いびき防止用アクティブノイズキャン ...

6

今年でなんと齢50に突入予定のライターのすずまり(@suzumari)です(※執筆時点)。 自分にはまだ遠いことだと思っていた更年期障害ですが、気がついたら真っ只中の毎日になっておりました。もう更年期 ...

-睡眠
-, , , , , , ,

Copyright© すずまりブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.