ダイエット

【デジージョ × Engadget】ダイエット決起集会で「睡眠とダイエットの関係」や「活動量計の活用方法」について講演しました!!

2018年4月28日

ぎっくり腰を心配していたら、のびをした瞬間ぎっくり首になって、寝返りに支障がでているスリープテックライターのすずまりです。

去る4月25日、外苑前にあるEngadget Japanのイベントスペースで、「デジージョ」主催のプライベートイベントが開催されました。その名も「デジージョ ダイエット決起集会」(笑)

睡眠×ダイエット×活動量計でスピーチ

デジージョとは、ITモバイル業界でライターをしている太田百合子さんを中核としたデジタル、ガジェット、テクノロジーが好きな女性ライターやジャーナリストのグループです。現在RBB TODAYでは、「デジージョ」の看板でコーナーも持たせていただいております。

デジージョニュース | RBB TODAY

そんないまをときめく?デジージョの活躍ぶりに着目したのがEngadget Japanさん! 夏に向けたダイエット企画を、ということで中核メンバーがむっちり肥えているにも関わらず、開催する運びとなったのでした。

いやほんといいましたよ。

「主催者がみんなデブってどうなんw」

「これからがんばろうってことで!」

「それしかないw」

後日太田さんのレポートが上がると思いますが、集まったのは、仕事上「デジージョ」と関係のある女性編集者、ライター、広報担当者、PR会社の女性たち。そう。集まるのは全員女性なのです。そんなイベントの中で私は「睡眠ダイエット」というテーマでお話をさせていただきました。

何かがはじまりそうな予感 #engadgetjp

Engadget 日本版 Videoさん(@egjpv)がシェアした投稿 -

もともと睡眠に興味があって、これから睡眠に注目される時代が来る!とふんで個人的に睡眠改善インストラクターの資格を取得しておりました。また、活動量計などのウェアラブルデバイスが好きで、過去たくさん自腹購入して試し、いろんな媒体でご紹介させていただくという経験をしておりました。もちろんダイエットは永遠のテーマ。

雑誌などの特集で、睡眠と活動量計の関係について解説する機会は何度もありましたが、今回は満を持して、この3つが絡み合うことに。ダイエットに絡めるのはこれが初めてです。



軸は「睡眠ダイエット」なんですが、睡眠とダイエットの深い関係と、活動量計をどう絡められるか、グラフはどうみるか、などを解説しました。当初15分くらいで、と言われてましたが、スライド作り始めてみたらガチになってしまい、かなり早口にもかかわらず30分くらいしゃべってしまいました(^^;;

(2018年7月9日追加)その後太田百合子さんによるレポートが掲載されましたので、こちらもご覧ください!

20kgの減量に成功した猛者も登壇、デジタル女子によるダイエット決起集会を開催しました! - Engadget Japanese



おすすめの本を4冊紹介

私が睡眠は大事なんですよ〜と話したところで「耳にたこ!」と思われてしまいそうなので、これまで読んだ本の中で、特にみなさんが興味を持ちそうなものを4冊セレクト。著名な先生方がどんなエビデンスをもとに、睡眠についてなんていってるかを引用させていただくスタイルにしました。ご紹介した本は会場に集まった女性達は誰も読んだことがなかったそうです。

ご紹介したのは以下の4冊。

▼著者の西野精治氏はスタンフォード大学という睡眠研究の最高峰で研究する睡眠学の権威でいらっしゃいます。最新の睡眠に関する研究でわかっていることは、この本を読めばOKというくらいいろんな研究結果が紹介されています。これを読まずに睡眠を語るなかれ。

▼著者の友野なお氏は、順天堂大学大学院で修士号を取得。睡眠コンサルタント、産業心理カウンセラーをされています。自身が睡眠を改善したことで15kgのダイエットに成功した経験を持ち、その経験から睡眠の大切さを説きます。女性向けの本なので、むずかしい表現は一切使われていないという気の使いようです。過去に1度発表会でお目にかかってますが、ご本人はとても美しい方で太っていたなんて信じられないくらいです。

▼こちらの著者の左藤桂子氏は肥満外来の女医さんでいらっしゃいます。30年で3万人の肥満治療を行った経験で「眠るだけで痩せられる」と気づいたそうです。もう肥満外来+女医というキーワードのインパクトがすごいです。説得力ありまくり!

▼著者の奥田昌子氏は内科医の先生でいらっしゃいます。健診や人間ドッグ実施機関で20万人以上の健診にあたられているとか。こちらも医療現場の女医さんということで、説得力があります。私も内臓脂肪が溜まって腰痛へと発展しているのて、本当に早くなんとかしなければ!と思っているところです・・・orz

 



話しているときの様子を @engadgetjp さんがツイートしてくださっていたので、そちらをば。

みなさんの食いつき方の強さは、スクリーンへの熱いまなざしで感じました(笑) ちゃんと寝ないだけで何キロカロリーため込んでることになる? なんて数字もご紹介したので、相当インパクトあったのではないかと思います。さてどの本に書かれてるでしょうか。ぜひチェックしてみてください。

活動量計を生活に取り入れるといろいろわかる

集まった女性のみなさんにご紹介した活動量計はこちらの3つのメーカーの製品たち。

 

簡単ではありましたが、それぞれの理由も説明しました。

今買うなら、絶対心拍センサー搭載モデルがおすすめ! なぜなら今の活動で脂肪燃焼しやすいかどうかがすぐわかるから。しかもFitbitとNokiaはヘルスケアに力を入れているので、アプリもデバイスも進化させてくるからです。でも手首にあまりつけたくない、時計は好きなものがすでにある、という方もいるのでそんな方でも取り入れられる製品としてMisfit RAYをご提案。

でも、手首になんかつけてねるのはいや!という方に、Nokia Sleepもご紹介しました(私物も展示)。

 

 

細い=綺麗なのか?

ご覧の通り赤いボディコンシャスなワンピースで挑んだんですが、私自身「おまゆう!」みたいな体型なんですな。自称レッドジュゴンです。ジュゴンといえば、可憐ではかないキャラクターですからね!(をい)

ダイエット企画はしましたが、「細い=綺麗」という考え方には非常に違和感を感じておりまして、あえてあの格好をしてみました。この年齢になったら、体はひたすら太ろうとするし、ため込んだ脂肪はそう簡単に離れてくれません。悩むより、今のままでも健康的で魅力的に見せられる方法もあるはずと考え始めたこの頃。今の自分を否定しないことも大事なんじゃないかと。もちろん医学的に痩せろ!って警告されてる場合は別ですよ(^^;

海外のプラスサイズモデルさんのInstagram写真とか見てると、とても明るく、楽しそうで、勇気をもらえます。

 

ところで、いろんな媒体のPR記事の中に、骸骨みたいな女性の写真とともに、こんなに痩せた!という製品紹介があったりしますが、ああいうのは媒体の中の方はどう思ってるんでしょうか。アドネットワークから排除してもらいたいです。



今この記事がおすすめ!

ノートパソコンスタンドで姿勢がこれだけかわります 1

ノートパソコンスタンドの記事を紹介したところ、じんわり反響があって嬉しいすずまりです。 ふと思い立ってノートパソコンスタンドを導入してみたところ、背中のこわばりがとれるなどの効果を感じてしまいました。 ...

コロナ対策非接触グッズ 2

SNSを見ていると、最近増えたな〜と思うのがクラウドファンディングのマスクと、モノへの接触をできるだけ避けようというアイテム。行動履歴追われる(笑) コロナウイルス関連で、私が今気になっているもの、実 ...

糖質カットされたご飯 3

クラウドファンディングで糖質カット炊飯器「シェンミ」をオーダーしてから、よくよくAmazonを見たら糖質カット炊飯器が結構ありました。 外出自粛でご飯食べすぎ!? 肥満防止にいつものご飯の糖質を最大4 ...

コロナウイルス対策の備蓄例 4

<目次>1 いよいよ自分が感染したときのことを心配する必要がでてきた2 独身一人暮らしで、コロナウイルス感染に備えて備蓄しておきたいもの3 備蓄分は別に保管しておこう いよいよ自分が感染したときのこと ...

QuietOn Sleepを使ってみた 5

10月上旬に、Indiegogoで支援していたいびきにフォーカスしたデジタル耳栓「QuietOn Sleep」が届いておりました。 【いびき防止】Indiegogo発いびき防止用アクティブノイズキャン ...

6

今年でなんと齢50に突入予定のライターのすずまり(@suzumari)です(※執筆時点)。 自分にはまだ遠いことだと思っていた更年期障害ですが、気がついたら真っ只中の毎日になっておりました。もう更年期 ...

-ダイエット
-, , , , , , , , ,

Copyright© すずまりブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.